ヘルス&ウェルネスに働く 健康でハピネスな毎日をおくるために

キービジュアル キービジュアル

イオン40店舗のパートさんの有給消化率は実に96.5%(2019年実績)。これは制度が整っており、仲間で助け合う社風が根付いているからこそ実現できた数値です。プライベートも仕事も大事にしたい。そんなあなたが求める職場がここにあります。

イオン北海道株式会社ロゴ先輩スタッフインタビューSenior Staff Interview

チェッカースタッフ

イオンで働いていてよかった。
心の底からそう思えました。

K.Y.さん(40代)2003年入社チェッカースタッフ(パート)

ずっと働きたいと
思っていたイオン
自宅のすぐ近くにイオンの店舗がオープンしたときから、パートスタッフで働きたいと思っていました。ただ、オープン当時は想像以上の大賑わいで、パート求人は見ていたのですが、ここで働いたら大変かもと応募をためらってしまったんですね(笑)。でも、客としてはよく利用していましたし、なんでも揃ういいお店です。やっぱりここで働きたいという気持ちがあって、オープンから2、3年経ったころ、ようやくパート求人に応募することができました。チェッカー部門の配属になりましたが、コンビニの勤務経験が6年ほどあり、レジ業務への戸惑いはそれほどなかったです。マニュアルも整備されていますし、お客さまのいないレジを使っての研修もあります。お客さま対応でも、最初は先輩スタッフが横についてくれるので、未経験スタートの方でも安心して働くことができるお仕事だと思います。
人間関係のよさも
イオンで働く魅力です
いまのお仕事の魅力は、なんといってもお客さまとのつながりだと思います。地域のご年配のお客さまのご利用が多いのですが、私のレジに必ず並ばれる顔なじみの方も多く、こうした方々との毎日の挨拶が楽しみなんです。新型コロナウイルスの流行で大変なときも、「お店を開けてくれて本当にありがとう」と、励ましの言葉をたくさん頂戴しました。イオンで働いていてよかったと、心の底から思えて、「ご利用ありがとうございます」の言葉にも力がこもりました。イオンは人間関係のよさも魅力で、コミュニティ社員(パートスタッフ)には主婦の方が多いのですが、子育てのこと、学校のこと、最近では年金のことまで、いろいろと相談に乗ってもらえます。ここで働いていてよかった。そして、これからも長く働きたい。そう思えるのがイオンのお仕事です。とくに主婦の方には本当にオススメですよ。

レジスタッフの求人をみる

インナースタッフ

3回目の挑戦でつかんだ正社員。
周囲と協力する大切さに気づきました。

K.K.さん(20代)2011年入社インナー スタッフ(正社員) 

自分で成長を
感じることができる仕事
学生アルバイトとして大学3年生のときからイオンで働いています。卒業後はコミュニティ社員(パートスタッフ)になり、その後、登用試験に合格して正社員になりました。学生アルバイト時代から、配属はずっと今の店舗のインナー部門です。メインで担当しているのは靴下で、売場での品出しや整理、お客さま対応、レジ操作などを行っています。コミュニティ社員のころは社員スタッフからの指示を受けて売場づくりを行っていましたが、いまでは任せてもらえることも多くなり、主任や商品部へ商品の仕入れに関しての提案を行うことも増えてきました。商品についての勉強が欠かせない業務ですが、商品部から届いた商品リストを確認しながら、「この商品は売れるかもしれませんね」などの意見も出せるようになり、自分でも成長を感じることができるのが嬉しいですね。
3回目の挑戦で
正社員登用試験に合格
家電量販店などで携帯電話や電化製品などを買いに行った際、店員さんから、これくらいは知っていて当たり前みたいな説明をされ戸惑ったことがあるのですが、こうした経験をするたびに、自分もお客さまへの商品説明で同じようなことをしないようにと、強く意識します。念願だった正社員になれましたが、これに満足することなく、どこまで成長できるのか、挑戦する気持ちを持ち続けたいですね。正社員登用試験にも、実は3回目の挑戦で合格したんです。1回目は筆記、2回目は面接で自分の達成した数字のことばかりアピールして不合格になりましたが、仕事の経験を積むうちに、周囲と協力しながら業務を行う重要性に気づき、それを面接で伝えたところ合格することができました。正社員登用試験に挑戦中の方が読まれているなら、数値管理も大切ですが、いまの仕事をもう一度振り返って、なにが本当に大切なのか、考えてみるといいかもしれません。ぜひ挑戦を続けてください!

衣料品スタッフの求人をみる

水産スタッフ

クリーンタイムの活気で、
僕自身も元気をもらっています!

F.Y.さん(20代)2019年入社水産スタッフ(学生アルバイト)

未経験で
水産部門に挑戦
自宅から近く、学校終わりの通いやすさもあり、アルバイトをするならイオンでと決めていました。レジや品出しの仕事をイメージしていたので、水産部門と聞いたときには少し戸惑いもありましたが、未経験スタートのスタッフも多いと聞き、思い切って挑戦してみることにしました。遅番のシフトになるので、夕飯の買い物にこられたお客さまや、仕事帰りのお客さまでフロアは活気があります。水産部門では11時、15時、19時にクリーンタイムというものがあって、この時間になると水産部門のスタッフ全員で売場に出て、清掃作業をしながら、「いらっしゃいませ!」と声を出し合うんです。魚屋さんらしい活気にあふれて、お客さまの注目度もグンと上がるんですよ。スタッフの一体感もあって、僕自身もこのクリーンタイムに元気をもらっている気がします。
優しい先輩に囲まれ
居心地のよい環境です
魚をさばいたりするのは、主任やベテランのコミュニティ社員(パートスタッフ)が担当ですので、僕は接客や商品のパック詰め、清掃などを任されています。常連のお客さまが多く、来店時にはよく声をかけていただいています。「この魚、どう調理したら美味しいの?」と尋ねられるお客さまが多いので、出勤したら先輩スタッフに必ず調理方法を確認するようにしています。調理の仕方を伝えたお客さまが次に来店された際、「美味しかったよ」といっていただけると、最高に嬉しい気分になりますね。主婦スタッフが中心の環境ですが、みなさんとても仲がよくて、とにかく居心地のよい環境です。どんな質問をしても丁寧に教えてくれますし、アルバイト先をイオンにしてよかったと思っています。もっと魚について勉強して、先々は魚をさばくことにも挑戦したいと思っています。

水産スタッフの求人をみる